熱帯魚の飼育は子供におまかせ!その種類や飼育方法は?

熱帯魚の飼育は子供におまかせ!その種類や飼育方法は?

  • 提供元 comolib Magazine
  • 2015年9月30日 更新
  • 子育て・育児
  • 268

ペットを飼って命の大切さを子供たちに学ばせたい! でもどんな生き物が良いかわからないし、そもそもちゃんと飼育できるか不安…。そう感じている人はいませんか? ペットを飼うことに前向きな人も…

ペットを飼って命の大切さを子供たちに学ばせたい!

でもどんな生き物が良いかわからないし、そもそもちゃんと飼育できるか不安…。そう感じている人はいませんか?

ペットを飼うことに前向きな人も、不安に感じている人も、簡単にお世話できる熱帯魚なら子どもたちと楽しく飼育できるかもしれませんよ♪

そもそも熱帯魚ってどんな魚?

tropical-fish-256563_640

主に観賞用として飼育される温帯~熱帯地方に住んでいる色鮮やかな魚のことを熱帯魚と呼びます。

海水で生きるものや淡水で生きるものがいて、淡水で人気のある熱帯魚はグッピーやエンゼルフィッシュ、海水ではコーラルフィッシュなどが人気なんですよ。

海水の場合は飼育が難しいこともあるので初心者には淡水が向いているんです。

家はペット可じゃないんだけど…

shutters-669296_640

熱帯魚を子供たちに買ってあげよう!と思ったけれど、家は「ペット禁止」だった!という人はいませんか?実は熱帯魚のように鳴き声もなく、動き回って部屋を汚すことのない生き物ペット不可の物件でも飼育できることが多いんです!

もしペット不可の物件に住んでいて熱帯魚を飼いたいと思ったのなら、管理会社や家主に聞いてみましょう。良い返事がもらえるかもしれませんよ。

これが飼いやすい!オススメ熱帯魚5選

coral-567688_640

熱帯魚といえば海水にするための○○やブラックライトなどが必要で、非情にお金がかかるというイメージがある人もいますよね。

お子さんと一緒に熱帯魚を育てるのには、色々なものを揃えたり、たくさんの手順で飼育するものだと手間もかかるしお子さんが楽しく飼育できなくなってしまうかもしれません。

そこで、出来るだけ飼育のしやすい、道具の少ない熱帯魚を厳選してみたので参考にしてみてくださいね!

1.ネオンテトラ

ペットショップでもよく販売されているネオンテトラ!水質の変化に強く温厚な性格をしているので初心者にピッタリの熱帯魚なんです。

カラーもはっきりしていてキレイなので見ていて飽きないですね。

【価格】
1匹100円前後
【用意するもの】
・60cm以上の大きめの水槽(水質や温度変化に敏感なので大きめのほうが楽に飼育できます)
・ヒーター
・エアポンプ
・濾過機
・カルキ抜き
・餌
(・エアーストーン)
(・水草)
(・照明)
【飼い方】
・水温は25℃前後を保つ
・週1程度で水を交換
・水質は中性~弱アルカリ性
・ポンプやフィルターは月1程度で掃除
・餌は必ず飼育している匹数に合わせて与える

2.バタフライフィッシュ

お腹のあたりにある管のようなものが蝶を思わせることからバタフライフィッシュという名前が付けられたそうです。

肉食系の魚で昆虫や小さな魚を食べます。優雅に泳ぐ姿が美しい熱帯魚ですよ。

【価格】
1匹500~1000円前後
【用意するもの】
・45cm以上の水槽
・エアポンプ
・濾過機
・カルキ抜き
・餌
(・エアーストーン)
(・水草)
(・照明)
【飼い方】
・水温は23~29℃を保つ
・水質は中性~弱アルカリ性
・水流ができるようにする
・飛び出しやすいので必ず蓋をしめる
・週1程度で水を交換
・ポンプやフィルターは月1程度で掃除

3.コリドラス

小さな水槽からでも飼育ができるので、熱帯魚の中でも比較的安価に道具を買い揃えられます。

色々な種類のコリドラスがおり、中には飼育が難しい品種もいるので、ショップのスタッフと相談してみると良いですよ。

【価格】
1匹500円前後
【用意するもの】
・45cm以上の水槽
・エアポンプ
・濾過機
・カルキ抜き
・餌
(・エアーストーン)
(・水草)
(・照明)
【飼い方】
・水温は22~26℃くらいに保つ
・水質は弱酸性~中性
・週1程度で水を交換
・ポンプやフィルターは月1程度で掃除

4.ドワーフグラミー

オレンジとブルーの色合いが鮮やかなドワーフグラミー。

種類違いでブルーネオンやサンセットなどというオシャレな名前の仲間がいるのも特徴です。照明があると鮮やかさがより際立ちますよ。

【価格】
1匹200~500円前後
【用意するもの】
・30cm以上の水槽
・エアポンプ
・濾過機
・カルキ抜き
・餌
(・エアーストーン)
(・水草)
(・照明)
【飼い方】
・水温は23~27℃程度を保つ
・水質は弱酸性~中性
・週1程度で水を交換
・ポンプやフィルターは月1程度で掃除

5.ベタ

気性が荒く、2匹以上同じ水槽に入れると喧嘩を始めてしまうベタ。

でも小さな入れ物で飼育できるし、1匹で買うのが通常スタイルなので「寂しいから増やしてあげなきゃ!」と買い足す必要もなく経済的です。

【価格】
1匹500~1000円前後
【用意するもの】
・水槽または金魚鉢やコップなど
(・エアポンプ)
(・濾過機)
・カルキ抜き
・餌
(・照明)
【飼い方】
・コップや金魚鉢での飼育が可能ですが、30cm以上の水槽だと長生きしやすい
・水温は20~28℃程度を保つ
・水質は弱酸性~中性
・水流を作らないようにエアポンプを使用する時は位置やタイプに気を付ける
・餌

熱帯魚なら部屋も汚さないし命の大切さを学ぶのにピッタリ!

fish-676569_640

犬や猫、ハムスターなどはとても可愛らしいですが、犬や猫は毛の処理や掃除が大変ですよね。ハムスターも逃げ出してしまうこともあって忙しい生活を送っている家族には不向きです。

水槽の中で優雅に泳ぐ熱帯魚なら水槽の掃除をするだけで、逃げ出すこともない毛が抜けることもないので家の中も綺麗に保てて良いと思いませんか?

お子さんと熱帯魚を飼って、子供たちには命の大切さを教え大人は泳ぐ姿に癒されてみてはいかがでしょうか?

続きを見る

  • 268

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ