子どもにイライラしたとき、感情的にならないようにする方法

子どもにイライラしたとき、感情的にならないようにする方法

  • 提供元 ママスタセレクト
  • 2015年9月30日 更新
  • 子育て・育児
  • 232

子どもが泣き止まない、いたずら好き、言うことをきかない、そして私は怒ってばかり…。親だって人間なのですから、子どもの態度にイライラすることだって時には(でも毎日?)あります。そういったときに、カッと…

b691cabeeffad86318b74bc74099ad67_m

子どもが泣き止まない、いたずら好き、言うことをきかない、そして私は怒ってばかり…。親だって人間なのですから、子どもの態度にイライラすることだって時には(でも毎日?)あります。そういったときに、カッとならずに、できるだけ早く冷静になれる方法があれば、お互い幸せですよね。先輩ママが実践してきたカンタンな方法をご紹介します。
■子ども目線がカギ?冷静になる方法
例えばまだ親の言うことがわからない年齢なら、まだわからないのだから仕方ないと思ったり、子どもの目線までしゃがんで子どもを見つめてみたり、時には冗談混じりに言葉にしてみたり。子どもの立場に立ってみれば、自分が子どもを上から見下ろしながら、多くを求めすぎていたのだと気づきます。
『この子は宇宙人でまだわからないから仕方ないと思い込む。 』
『独身の弟に「まだお猿さんだと思えばいいじゃん(^^)」って言われたことあるw 以来、まだ猿だから仕方ないと思うようになった。 』
『声をワントーン低くして「かぁちゃんそろそろ本気で怒りだしてもいいですかね?」と申告してる。
子供もハッとなるし、私もワンクッションおくことで冷静になれてる。』
『保健婦さんが小学生までの子供が家で言うことを聞かずにイライラした時は、自分も子供の側で横になり『○○が片付けしてくれないよ』等寝ころがり口に出すと子供も自分も優しい気持ちになれると言ってました。 』
『子どもの目線までしゃがむ。怒鳴る時って大抵遠くからだったり、子どもを見おろしてるってのが多いけど、しゃがんで子どもを見てみると何故かカッとした気持ちが落ち着く。 』
■暖かい気持ちを思い出す方法
赤ちゃんが産まれた時のことを思い出したり、小さい頃の写真を見たり、少しだけ離れてみたり。初心に帰ることは、暖かい気持ちを思い出すことにも繋がりますね。
『子供が産まれた瞬間や寝顔を思い出す。 』
『自分がぶつけてしまいそうな暴言暴力を、他人がしているように脳内変換して想像。速攻想像することすら辛くなって、抱き締めたくなる。 』
『その場から離れる。例えばトイレにこもったり。 』
『私は、目につくところに子供達の赤ちゃんだった頃の写真を貼ってるよ。カーっときても写真が目に入るとなぜか一呼吸おける。 』
『イラッとした時に『このやろぉ~○○しやがれぇ~』ってふざけて言いながらこちょこちょする。これすると子供も笑いながらわかったってーって言いながらちゃんとやってくれる。今まではイラついてキツく言ってしまって子供が反発→更にイライラの悪循環だっからいろいろやってみたらこれが一番お互い嫌な気持ちにならずにすんだ』
自分にも応用できると思われたものはありましたか?イライラしないというのは無理な話。イライラの気持ちを収める方法という視点で、いろいろ試してみるのはいかがでしょうか?

続きを見る

子どもにイライラしたとき、感情的にならないようにする方法 | ママスタセレクト

子どもにイライラしたとき、感情的にならないようにする方法 | ママスタセレクト
  • 232

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ