取り上げるのはNG! “おしゃぶり”を手放せない子どもへの対処法

取り上げるのはNG! “おしゃぶり”を手放せない子どもへの対処法

  • 提供元 パピマミ
  • 2015年10月2日 更新
  • 子育て・育児
  • 207

現在3歳の娘がいるのですが、おしゃぶりがやめられません。私自身はそんなに気にしてなかったのですが、両親やお医者さんから、「おしゃぶりはやめさせなさい!」と強く言われ…

【ママからのご相談】
現在3歳の娘がいるのですが、おしゃぶりがやめられません。私自身はそんなに気にしてなかったのですが、両親やお医者さんから、「おしゃぶりはやめさせなさい!」と強く言われ、 しばらく無理やり外そうとしましたが結局泣きわめいてばかりでかわいそうになります。甘やかし過ぎでしょうか。あまりしてると歯並びも悪くなると聞いたので悩んでいます。

●A. 悪いことではありません。子どもの気持ちに寄り添って徐々に外していくようにしましょう。

ご相談ありがとうございます。ママライターのみいゆです。

幼児の指しゃぶりやおしゃぶりがなかなか取れないとママは焦ってしまいますね。私の子どもも幼いころに指しゃぶりが外れずに周りから散々言われたこともありました。外れれば良いことに越したことはないですが、子どもは自分の安心感を満たすためにやっているので、こちらが強制してもすぐには治らないのが実情です。

では、おしゃぶりがなかなか手放せない子にはどう対処していけばいいのでしょうか。

●困った行動と否定してはいけない!

周りはある程度の年齢になると指しゃぶりをする子を否定するようになります。「いつまでもしゃぶって恥ずかしい!」「やめさせないとだめ!」など、よく聞く言葉です。しかし、スクールカウンセラーの明橋大二氏によると、

『おしゃぶりをしたりするのは、自分の心を守るために必要なアクションです。それはすごく大切なもので、決して困った行動と否定するのではなく、尊重する感覚を養っていくことが大事』

と仰っています。あくまでも無理やり取り上げたり外そうとしたりすることは子どもの自発性や信頼感をも失わせてしまいかねないようです。

●親子のスキンシップで次第に外れていく

子どもは、何かに夢中になっているときにはおしゃぶりをしていません。ですから、家の中でも子どもとたくさんスキンシップを図って何か夢中になれることがあると、自然に指しゃぶりをしなくなっていきます。

「周りの子はしていないのにうちの子はまだしてる……」と過度に不安になる必要はありません。この子には今おしゃぶりが必要なんだと割り切って見守ってあげましょう。いつのまにか、「あれ、そういえばおしゃぶりしてない」と思う日がくるはずです。

----------

いかがでしたでしょうか。

私自身もおしゃぶりする子どもに悩んだことがあるので焦る気持ちはとても理解できます。どうしてもおしゃぶりに執着するようであれば怒鳴ったりせずに語りかけるように話しながら、最終的に手放せるようになるといいですね。

【参考文献】
・『子育てハッピーアドバイスもっと知りたい小児科の巻2』明橋大二・著

●ライター/みいゆ(ママライター)

【関連記事】
1日たった10秒!? ギャルママモデルが伝授する「ダイエット術」とは
小児科医が警鐘! 放課後子ども教室へ移行する“学童クラブ”の現状
4割以上が退職! 第1子出産を機に仕事をやめる女性が多いワケ
場所取りしすぎ! 先輩ママが体験した「運動会でのマナー違反」3例
食べムラを予防! 幼児がきちんと食事できる環境づくりのコツ6つ

取り上げるのはNG! “おしゃぶり”を手放せない子どもへの対処法 | パピマミ

取り上げるのはNG! “おしゃぶり”を手放せない子どもへの対処法 | パピマミ
出典 : 取り上げるのはNG! “おしゃぶり”を手放せない子どもへの対処法
by パピマミ
  • 207

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

おすすめランキング

ニコッティサービス終了のお知らせ

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ