おふろデビューはいつから?おふろ・スキンケア・衛生の基礎知識

おふろデビューはいつから?おふろ・スキンケア・衛生の基礎知識

  • 提供元 nicottie公式
  • 2015年10月27日 更新
  • 子育て・育児
  • 340

小さな赤ちゃんの体には、大人と同じ数の汗腺があります。どんどん大きくなっていく赤ちゃんは新陳代謝も激しくとっても汗っかき。だからねんねの時期でも…

沐浴って?

新生児期は体をごしごし洗うのではなく、ためたお湯の中でやさしく汚れを落としてあげる「沐浴」が毎日の日課。抵抗力が低く、雑菌などに弱いので、1カ月ぐらいは家のおふろではなく、ベビーバスで沐浴します。

沐浴に必要なグッズ

①ベビーバス
赤ちゃんの体に合わせ、そしてママやパパが入れやすいように設計されたベビーバス。リビングなど快適な所、入れやすい所で使えます。ちょっと小さめのシンク専用のバスもあり、こちらは給水・排水がラク。それぞれの家庭にあったおふろタイムを想定して選びましょう。

②浴用ネット
ベビーバスのふちにかけ、ハンモックのように赤ちゃんの体を支える浴用のネット。これがあると、両手が使えるので、ママやパパの負担がずいぶん軽くなります。

③洗面器
ガーゼやタオルをぬらしたり、差し湯や上がり湯をかける時に使ったり。赤ちゃん専用の洗面器が1つあると何かと重宝します。うんちの後におしりだけ洗ってあげる時にも便利です。

④湯温計
赤ちゃんのおふろの適温は38度前後。大人の感覚では案外わかりにくいし、洗っている間にお湯が冷めてくることもあるので、適温チェックは必要。後々おもちゃとしても使えるかわいいデザインのものもあります。

⑤沐浴布
いきなりお湯につけられるとビックリして泣き出す赤ちゃんも。大きめのガーゼでくるんでそっと入れてあげましょう。全身をくるむので、手足バタバタ!で慌てることもありません。

⑥ベビーソープ
赤ちゃん用のソープは刺激の少ない、肌にやさしいものを選びましょう。敏感肌用のタイプもいろいろあります。また、よく泡立つものや、最初から泡で出てくるタイプがおすすめです。

⑦沐浴剤
沐浴剤を入れれば、石けんを使わずに汚れも落とせます。すすぎもいらないので、ママの負担をだいぶ軽くしてくれます。

⑧ガーゼ・スポンジ
やわらかいガーゼは汚れ落ちもよく、指先に巻き付ければ、耳の後ろや首などくびれの中など細かいところまで洗えます。スポンジを使えばうまく泡立てることができます。

続きを見る⇒赤ちゃんの衛生とスキンケアの基礎知識|ベビータウン

赤ちゃんの衛生とスキンケアの基礎知識について知りたい方は、ベビータウンへ!
  • 340

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

おすすめランキング

ニコッティサービス終了のお知らせ

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ