プリスクールで、0歳からネイティブ!?環境からはじめよう

プリスクールで、0歳からネイティブ!?環境からはじめよう

  • 提供元 comolib Magazine
  • 2015年10月1日 更新
  • 子育て・育児
  • 236

小学校低学年から英語の授業が導入されることが決定してから飛躍的に注目を集めているプリスクール。 しかし、プリスクールとは一体何なのか? 英会話スキルは身に付くの?どんなところなの?…

小学校低学年から英語の授業が導入されることが決定してから飛躍的に注目を集めているプリスクール。

しかし、プリスクールとは一体何なのか?
英会話スキルは身に付くの?どんなところなの?

今回は、生後2か月から英会話教室に通う息子をもつ筆者がプリスクールについてご紹介します。

■プリスクールって?

kindergarten-421623_1280
英語を学ぶことが出来る幼児教育施設です。
通う日数や時間など教室によって違います(普通の私立幼稚園よりは少々お高めという認識で良いと思います)

幼稚園のように平日毎日4~6時間通うことや、幼稚園が終わってから夕方まで通う、または幼稚園の入園まで0~3歳まで通う、週に1度習い事のように1時間だけ通うなど通い方は色々です。

■どんな教育をしてくれるの?

paint-328676_1280
大体は、外国人(もちろんネイティブ)+バイリンガルの日本人講師が子供達を指導してくれます。
英語で歌を歌ったり、体を使った遊びをしたり、英語に気軽に触れる環境です。
日本の幼稚園のカリキュラムを英語でこなすという認識でOKです。

幼稚園との違いは、言葉だけではなく0歳のお子さんから通える施設が多いこと。
0~3歳まではプリスクールに通い、母国語以外の言葉に触れ、通常の幼稚園に通う子・プリスクールに残る子と二分するようです。

幼児教育も普通の幼稚園と同じ(英語でですが)行うので、小学校のお受験に困るということはないようです。

■子供への効果は?

toddler-461265_1280
お子さんが、通うプリスクールを楽しめるか?によって異なります。
また、一緒に通う子供が日本人ばかりの場合は、お子さん同士の会話は日本語、先生からの言葉のみ英語となる場合も(英会話の上達が遅れる場合も)あるので…通う前に下見をすることが大切です。
教室の環境や、講師とお子さんの相性・イベントの有無・費用など事前にしっかりチェックします。

楽しい!と思えば、プリスクールはお子さんの言葉の発育だけではなく、色々なモノの考え方などを多く学ぶ場所となります。
外国人講師とふれあう時間も長いので、外国人恐怖症とはほど遠く、国籍が違う人ともフランクに接する習慣がつくことが、1番の効果かもしれません。

■早くから始めることがカギ!?

baby-17357_1280
プリスクールにより異なりますが、0歳通える場所も沢山あります。(場所によって親同伴の場合も)
筆者には、1歳と5歳の息子がおり、長男は2歳から、次男は生後2か月から英会話教室に通っています。
カリキュラムはプリスクールのように長時間ではありませんが、歌・ダンス・ゲーム・読み書き(4歳から)など40~50分の授業はとても楽しそうです。

そして…0歳から行った方がいいのか?ということですが、行けるなら行った方が良いでしょう。
2歳から通い始めた息子は日本語から英語に脳で変換して話しますが、生後2か月から通い始めた次男は英語が英語・日本語は日本語と捕らえているようで、どちらの言語も母国語の日本語のように反応します。

大切なのは、小さい頃から英語に当たり前に触れる環境にいること。そして英会話のコミュニケーションは楽しい!と思ってもらうことかな?と思います。まず、見学から初めて見ましょう。

続きを見る

  • 236

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ