知育玩具はどう選べばいい? 赤ちゃんの発育にあったおもちゃ

知育玩具はどう選べばいい? 赤ちゃんの発育にあったおもちゃ

  • 提供元 nicottie公式
  • 2016年1月8日 更新
  • 子育て・育児
  • 594

知育や知育玩具という言葉はよく耳にしますが、実際に何をして、どんなおもちゃを与えることなのでしょう?それには赤ちゃんがどう発育&成長していくかを知っておくことが大事なようです。

赤ちゃんは徐々に成長していく

生まれたばかりの赤ちゃんは、とっても無力な存在のように思えますね。
ママやパパが話しかけてもこっちを向いてくれなかったり、見えているのか、聞こえているのか大人にはよくわからないことも。でも、ママのおっぱいを探して吸い付くなど、生きていくための力はしっかり持っています。そして徐々に、大人の話しかけに笑顔を見せるようになったり、ママの顔を見て喜ぶようになったりしていきます。

赤ちゃんは生まれてから1歳になるまでにほとんどの子が歩けるようになったり、2歳頃にはおしゃべりができるようになるなど、大人と比べると短期間で本当にさまざまなことができるようになります。短期間とはいえ、成長は常に段階を踏むもの。ねんねの赤ちゃんが急にあんよができるようになるのではなく、寝返り、おすわり、はいはいなどのステップを踏みます。
同じように、見えるもの、聞こえるもの、つかめるものなど、五感の発達も少しずつ。その段階に合わせた刺激を与えることが、赤ちゃんの知育につながるのです。
では赤ちゃんの発育の段階をみていくことにしましょう!

0ヵ月の赤ちゃん

目は?

生まれたての赤ちゃんはとっても近眼だと言われています。真っ暗なママの胎内から出てきたばかりでまだ外の世界に慣れていないのかもしれませんね。
近眼の人が見える世界を想像してみましょう。何も見えないわけではないけれど、カタチがぼやけていたりしますよね? でも白・黒など色のコントラストがあるものはわかります。また、規則性のある模様や、左右対称なカタチのものは認識しやすいと言われています。

続きを見る⇒赤ちゃんの発育にあったおもちゃ|ベビータウン

赤ちゃんの発育にあったおもちゃについて知りたい片はベビータウンへ!
  • 594

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

おすすめランキング

ニコッティサービス終了のお知らせ

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ