5歳児の子どもと向き合うための子育てポイント♪

5歳児の子どもと向き合うための子育てポイント♪

  • 提供元 nicottie公式
  • 2017年3月30日 更新
  • 子育て・育児
  • 226

こんにちは!私は元・幼稚園教諭であり現在3児の母です。 もうすぐ4月。5歳の子ども達は年長組に進級ですね。 今回、年中組から年長組へと進級を控えた5歳児の子ども達の成長の様子をまとめてみました。

5歳になったらできること

【生活習慣】
5歳になったら自分でできることがグンと増えます。
上着を着る、ボタンを掛ける、ズボンを履く、靴下を履く、などの身支度がほとんど一人でできるようになります。また、食事やトイレ、お風呂(体を洗う)など、たいてい手助けなしでできるようになります。
我が家にも今、5歳の女児がいます。3人目の末っ子のため、以前から自分でしたい意欲が人並み以上にありました。
実は娘は2歳前から一人でお風呂に入って頭を洗っておりました。私が手伝おうものなら「じぶんでできるからいい!」と拒否するので、見守るよう努め、気になるところはさっと手を出すようにしました。
そんな娘ですが5歳になった今、ようやく自分でしたい気持ちと、実際に自分でできることのバランスが合ってきたように思います。頭を洗っている姿を見ても洗い残しがないかあまり気にならなくなりました。
【運動機能】
全身のバランスが発達するため縄跳びやボール投げ、ブランコの立ち漕ぎなど上手にできるようになります。
友達と一緒に遊ぶ楽しさを見出し、単独で遊んでいた時より多くの動きを体験します。また、遊ぶために自分達で遊び方や環境を工夫しながらたくさんの経験をするようになります。
3、4歳の頃は一人遊びが多かった子も、5歳になると友だちと共有する楽しさを知り、互いに誘いあうようになります。そして中断した遊びの続きを次の日、思い出しながら継続して遊ぶこともできます。
また、友達がしている姿を見て自分もチャレンジしたり、共に遊びを競ったりしながら運動能力を自然と高めていきます。
娘も一時期、友達の影響で雲梯の練習をひたすらしていました。毎日、両手にいっぱい血豆を作るほどストイックになって励んでいましたよ。ママやパパがしなさい!といってするのではなく、自発的に取り組む時の集中力といったら…5歳児のパワーはすごいですよね。
このように園生活や友達との関わりの中で、ジャンプしたり、ものを押したり、砂を掘ったりと様々な動きを経験していきます。歩く速さも大人とほぼ変わらなく、しっかりとしてきます。
【友達関係】
遊びの中で集団のルールを理解できるようになってきます。サッカーや鬼ごっこなどルールのある遊びも少しずつ理解できるようになってきます。順番を守ったり、さらには自分達でルールを作って遊ぶ場面もみられるようになります。トラブルが起こったら、泣いて訴えるのでなく、相手に気持ちを伝えようとしたり、先生や周りの大人に自分の思いやトラブルの経緯など言葉で伝えることができるようになってきます。
また、周囲の自分に対する思惑など、敏感に感じ取れるようになり、自我を抑える能力も増すので我慢することができるようになります。また、相手の気持ちにも気づくようになります。

年長組への期待と憧れ

もうすぐ年長組へと進級しますが、今の時期の5歳児は年長組への期待と憧れがとても大きく膨らんでいます。園ではこれから最年長ですから、次に入ってくる新入園児に対して『お兄さん、お姉さん』の自覚が芽生えてくる頃です。これは自分達が年少、年中組の時にしてもらった“経験“があるからこそ。自分達より小さい子のお世話をするんだ!という喜びと意欲でいっぱいです。
また、自分の身支度だけでなく、飼っている動物などにも関心を持つようになります。動植物を観察したりお世話を好んでするようになります。

それでも5歳児

年長児になる5歳のこの頃、子ども達にとって身も心も大きく成長する時期であるということがわかりましたね。とはいえ、まだまだ5歳。ママやパパをはじめとする大人の温かいサポートがあってこそ。子ども達は大きな安心感のなかでのびのびと育ってゆくのです。たまに甘えたい時もあるでしょう。時に自立心ゆえに反抗的に感じることもあるでしょう。しかし、私たち大人が変わらぬ眼差しで、子ども達と向き合っていきましょうね。
  • 226

気に入ったらシェアしよう!

nicottie 妊娠・子育て情報まとめ

この記事をお届けした
nicottieの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

おすすめランキング

ニコッティサービス終了のお知らせ

アクセスランキング

おすすめランキング

ピックアップキーワード

人気のタグ

» タグ一覧

カテゴリ